自己肯定感

自己肯定肯定感を高める方法|悩みや苦しみの根本原因と克服法とは

こんな悩みありませんか

☑人の目や評価が気になる

☑完璧主義で失敗をするのが怖い

☑人に頼ることができない

☑人の頼みごとを断れない

☑自分の意見を言うのが怖い

☑感情をコントロールできない

☑マイナス思考で物事を悪い方に捉えてしまう

☑自己否定感が強い 自分を好きになれない

☑職場の人間関係がうまくいかない(上司が苦手など)

☑恋愛がうまくいかない(恋愛依存、見捨てられ不安)

 

一つでも当てはまった方は生きづらさを抱えていると思います。

このような悩みや苦しみは子供の頃の親や家族、学校で受けた「心の傷」や「トラウマ」が根っ子にあります。

 

その時にネガティブで否定的な感情を抑え、歪んだ考え方や信念・価値観を身につけ、それが問題のある「行動」や「症状」を引き起こしています。

 

親や家族から暴力や暴言、支配やコントロール、過保護や過干渉、厳しい躾や条件付きの評価、期待や言いなりなどを受けて育った子供の自尊心はひどく傷つけられ、「自己肯定感」が育ちません。

 

自己肯定感とは

・ありのままの自分を受け入れる力

・自分の存在価値を認められる力

ですが、自己肯定感が低い人は様々な問題を引き起こしてしまいます。

 

自己肯定感の低い人の特徴

自己肯定感の低い人は以下のような特徴をもっています。

 

・自分の軸がない

・自信がない

・自分が嫌い

・自分の価値を感じられない

・無力感がある

 

そして「自分の軸」がないために、「人の軸」に振り回されてしまいます。

 

自己肯定感が低く、自分の軸がないために

・人の目や評価を気にする

・相手の顔色を気にする

・嫌われるのを恐れ、相手の言いなりになる

・認められるためにがんばる

・人の機嫌を過剰にうかがう

・嫌なことがあっても断れない

・相手が悪いのに、自分のせいだと思ってしまう

・依存的な人や暴力的な人を受け入れてしまう

など様々な問題を引き寄せてしまいます。

 

そして人との境界線をうまく引けないため、人のことを過剰に気にしてしまい、自分から相手の心の敷地に侵入してしまったり、反対に相手が自分の心の敷地に入り込み過ぎて、ストレスのたまる苦しい人間関係になってしまうのです。

 

人間は誰もが人から

・受け入れられたい(愛情欲求)

・理解されたい(受容、共感欲求)

・認められたい(承認欲求)

という欲求をもっています。

 

健全な家庭で育った人は、それを子供の頃に親や家族から与えられるのですが、問題のある家庭で育った人は、この欲求が満たされないまま大人になってしまうため、その欲求を満たすために仕事や恋愛などの対人関係でそれを相手に求めてしまい、それが様々な問題のある症状や行動を引き起こしているのです。

 


 

自己肯定感が高い人


自己肯定感が低い人


 

 


自己肯定感を高める7つのステップ

このような悪循環から抜け出すには、ありのままの自分を受け入れ、自分の価値を認められる、「自己肯定感」を高めることが大切です。

 

自己肯定感が低い人は、子供の頃なんらかの傷つき体験をしています。

子供のころ自分が親や家族から傷つけられていたことに気づくことが、悩みや苦しみを克服する最初のステップになります。

 

でも人によってはこの時「否認」「拒否」がうまれます。

それは以下のような思い込みや信念、価値観をもっているからです。

 

・人のせいにしてはいけない

・親の言うことを聞かなければいけない

・これくらいの暴力たいしたことない

・どこの家庭にも問題はある

・親から愛されて育った(歪んだ愛)

・自分は普通の家庭で育った

・過去のことだから仕方ない

・人に頼ってはいけない

・感情を出してはいけない

・自分はダメな人間

・両親の仲が悪いのは自分のせい

・○○してはいけない

・○○であるべき etc

 

このような思い込みや信念を強くもっているため、自分が傷つけられていたことに気づかない、または気づいたとしてもなかなか受け入れることが出来ないのです。

 

子供にとって「家族」という世界が全てです。

他の家族と比べることが出来ないため、自分の家庭でたとえ問題が起こっていたとしてもそれに気づくことが出来ません。

 

そして子供は誰もが親から、

・愛されたい

・受け入れられたい

・認められたい

という欲求をもっています。

 

無力な子供にとって親の存在は絶対です。

親から嫌われたり、拒否されるようなことは無意識に「死」を連想させます。

だから子供は親から嫌われないように、親にとって都合の悪い言動や態度はつつしみ、親にとって都合の良い人間になろうとするのです。

そしてどんなに苦しくても、どんなに悲しくても、辛くても、親から嫌われないように自分の感情にフタをするようになるのです。

 

抑え込まれた感情はなんらかのかたちで出してあげない限り、自分の中に残り続けます。

そしてこの抑え込まれた感情が大人になったとき色々な問題行動や症状として発散(投影)されるのです。

 

なのでまずは自分が子供の頃に親や家族から傷つけられ、その時にネガティブな感情が抑えこまれたことに気づき、その感情を解放し、癒してあげることが大切です。

 

 

自己肯定感を高める7ステップの後半では、子供の頃無意識の内に身につけられた、『歪んだ思考や信念、価値観や思い込み』に気づき、それを修正していきます。

問題のある歪んだ親子関係や家庭環境で生き延びるために、子供は無意識の内に自分の考え方を歪めることでバランスをとっていました。

これは歪んだ親子関係や家庭環境で生き延びるためには効果的でしたが、その歪んだ価値観や思い込みをもち続けて、社会に出るとなんらかの問題が生じます。

家族という閉鎖的な世界では通用したルールが社会で通用しなくなってしまうのです。

家族のルールと社会のルールのギャップが生きづらさの根本原因になります。

なので子供の頃に家庭内で身につけた歪んだ信念や価値観に気づき修正していくことが、自己肯定感を高める二つ目のポイントになります。

 

 

子供の頃から抑え込まれたネガティブな感情を解放し、歪んだ思考や価値観を修正出来たら、最後にプラスの経験や感情、目標などプラスの側面に目を向けていきます。

 

たとえあなたが

・自分はダメな人間

・生きている価値などない

などと思っていたとしても、人には必ずプラスの側面があります。

 

どんな人にも、どんな状況でも、必ずプラスの面を見出すことができます。

 

むしろ悩みや苦しみ、挫折や失敗をたくさんしてきた人ほど、その人にしかない魅力や個性、強みや長所が隠されています。

 

これはボクがカウンセラーとしてもっている揺るぎない信念であり、自分の経験を通して確信していることでもあります。

そしてどんな人からもプラスの面を引き出す自信があります。

 

あなたはそこに気づいていないだけなのです。

 

絶対肯定の心理カウンセリング

 

どんなに空が美しくても、桜がきれいに咲いていても、下を向いていたら、その美しさには気づきませんよね。

ほんの少し視点を変えてあげるだけで、180度変わった人をこれまで何人も見てきました。

 

なので自己肯定感を高める最後のステップは、

マイナスをプラスの側面から見たり、過去ではなく未来の視点から見たり、悩みや苦しみの原因だけではなく、その悩みや苦しみのなかにどんな意味(目的)があったのかを見つけ、それがすでに自分の人生で活かされていたことに気づくことが大切です。

 

 


自己肯定感を高める7ステップを簡単にまとめましたがいかがでしたか。

もっと詳しく知りたい方は、

【自己肯定感を高める7ステップ無料講座】こちらをクリックしてください

 

 


 

 

自己肯定感を高める方法|自分らしく生きるために|カウンセリング&コーチング静岡

目次

・自己肯定感とは

・自己肯定感チェック診断

・自己肯定感が低い理由

・自己肯定感を高める方法

 


自己肯定感チェック診断

☑自分のことは比較的好きである

☑失敗や挫折をしてもプラスに捉えられる

☑自分の欠点を認識しているが、良い面もわかる

☑自分にある程度は自信がある

☑どんな問題でも必ず乗り越えられると思う

☑人の失敗や間違いも許すことができる

☑自分と意見や考え方が違う人でも尊重できる

☑自分は価値のある人間だと思う

☑人にはない強みや個性がある

☑辛いことがあってもあまり引きずらない

☑自分は生きている意味がある

☑ネガティブな出来事があっても、自分をコントロールできる

☑自分の性格が好き

☑他人に悪口を言われたり、非難されてもあまり気にならない

☑人と比べることがあっても、自分の良いところを認識してる

0~5個・・・自己肯定感が低い

6~10個・・・ある程度は自分を肯定出来ている

11~15個・・・自己肯定感が高い

 

あなたはいくつ当てはまりましたか。

 

自己肯定感とは、『自分のあり方をプラスに評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情』を言います。

この自己肯定感は、対人関係や物事に取り組む意欲や幸福感にも大きな影響を与えます。

自己肯定感が高ければ、日常の様々な出来事や問題に対しても、前向きに肯定的に取り組むことが出来ます。

しかし自己肯定感が低いと意欲の低下だけではなく、自分で自分を否定したり、苦しめるような考え方に捉われ、これは様々な問題を引き起こします。

産まれながらに自己肯定感が低い人間などいません。

自己肯定感とは子供の頃からの様々な影響によって形作られます。

では、自己肯定感が低くなってしまう理由はどこにあるのでしょうか。

自己肯定感が低い原因

日本人の自己肯定感は、世界の中でも圧倒的に低いと言われています。

ある調査によると、日本人の70パーセント以上の人が「自分はダメな人間だと思う」と答えたそうです。

どうしてこのようなことになってしまうのでしょうか。

 

日本人が自己肯定感が低い原因は、「親のシツケ」と「学校教育」が大きく影響していると考えられます。

もともと日本人は良くも悪くも、周囲との調和や協調性を重んじる傾向が強く、出る杭は打たれる文化です。

学校でも個性のある人や変わっている人間は省かれ、それを恐れてほとんどの人がみんなと同じであろうと努力します。

学校社会の中で人と違うということは、簡単にいじめの標的にされてしまうので、死活問題なのです。

 

あなたはこんな悩みを抱えていませんか

 

他にも偏差値がその人の価値を決める判断基準になっており、勉強が出来る子は「いい子」、勉強のできない子は「ダメな子」というレッテルを貼られてしまいます。

だから親も教師も必死になって勉強のできる「いい子」を作ろうとするのです。

そして「いい子」は、学校教育という正しい答えを導き出せば評価されるというシステムの中では、勉強ができるため、親や大人から評価される機会が多く、一時的には自分を肯定できているのです。

しかし社会に放り出されたときに、明確な答えのない世界に自分なりの答えを導き出すことが出来ず、やがて自分に自信がなくなり、自己肯定感も低くなって行くのです。

また勉強の出来なかった「ダメな子」はその思いを大人になっても持ち続けているため、いつまでたっても自分はダメな人間、頭の悪い人間と、自分を否定し続けているのです。

そしてなにか少しでも出来ないことがあると「自分はダメな人間」と自分を責めてしまう。

ちょっとした失敗や挫折が、自分という存在の無価値観自己否定感というところまでいってしまうのです。

それではどのようにして自己肯定感を高めていくのでしょうか。

 

自己肯定感を高める方法

「自己肯定感」とは人より優れた自分を誇りに思うことではありません。

たとえ人と比べて劣った点があったとしても、「自分には○○がある」といった、自分の長所や強みに気づく力、ありのままの自分を受け入れられることです。

子供の頃は親や大人の評価によって、自分の価値を決められていました。

しかし大人になったあなたは自分で自分の価値を見つけることが出来るのです。

 

自己肯定感は「勉強ができる」「美人やイケメンであること」「お金もちである」「大企業に勤めている」など他人から評価されるものではなく、「自分の存在意義」や「生きている意味」など自分が自分のことをどう捉えているかで決めることができます。

それではどのようにして自己肯定感を高めることが出来るのでしょうか。

 

自己肯定感を高める方法は、「思考」「感情」「現在」「過去」「未来」「プラス」「マイナス」の7つの角度から高めていくことができます。

思考

物事をマイナスの面だけではなく、プラスの面から捉える習慣をつける(多面的に物事を捉える)

感情

マイナス感情:(怒りや悲しみ、不安や恐怖などのマイナス感情は過去に受けた心の傷やトラウマが原因にあります。それを言葉や文字を使って表現します。マイナスの感情は外に出していくことで解消されていきます。

プラス感情:嬉しい、楽しい、充実感、幸福感という感情はイキイキとした本来のあなたです

過去

マイナスな過去:悩みや苦しみ、挫折や失敗をしてきたことであなたは人間的に成長してきました。

プラスの過去:うまくいった経験、成功体験を活かすことで、より自分らしい生き方が出来るようになります

未来

マイナスの未来:将来に対する不安や恐れという感情は、あなたを守り成長させてくれる大切な感情です。

プラスの未来:なりたい自分、夢や目標、生きる意味や目的がわかってくることで、より自分らしい生き方が出来るようになります。

現在

自分の過去の苦しみや悲しみ、挫折や失敗などマイナスの経験や感情を受け入れ、未来の夢や目標、なりたい自分、本当の自分などプラスの面に気づいて行くことで、過去に引き戻されることはなくなり、未来への希望が持てるようになり、その結果今を生きられるようになって行きます。

 

ネガティブ感情を解放し歪んだ思考を修正する7Stepsの心理カウンセリング

 

マイナスを0にするのがカウンセリング

0をプラスにするのがコーチング(コーチングってあまり馴染みがないですよね)

 

と言われますが、自己肯定感を高めるには、過去の苦悩や失敗などマイナスの点にフォーカスするだけではなく、夢や目標、自分らしさなどプラスの視点から自分を見てあげることが大切です。

 

どんな人にも必ずプラスの面は存在します。

一見マイナスと思われることの中に、その人の強みや個性が隠されています。

 

学校や病院では問題のある行動や症状を治(直)そうとします。

確かにその問題が日常に影響を及ぼしたり、人に迷惑をかけているのであれば、その症状を和らげる必要はあります。

 

でもそれを完全に治す必要はありません!

「治す」という言葉には、みんなと同じでなくてはならない、みんなと違うのはダメなこと、というような響きが感じられます。

これは日本の学校教育のあり方にも原因があるように思います。

 

みんなと一緒でなければならない

だからみんなと合わせるために平均的な人間になろうとする。

つまりみんなと違う人間、平均以下の人間はダメな人間

 

このような価値観が無意識の内に刷り込まれているのです。

 

でもこれまでの悩みや苦しみ、挫折や失敗もあなただからこそ経験できたことなのです。

一見遠回りのように思えるかもしれませんが、それだけあなたは中身のある人生を生きているのです。

普通の人が見たことのない、感じたことのない、深い感情を体験してきているのです。

 

それはあなたにしかない、あなただからこそできたことです。

そこに気づき、それを受け入れることができれば、これまでマイナスと思っていたことが、強みにも個性にも長所にも変えられます。

 

だから今抱えている悩みや苦しみ、劣等感やコンプレックスは完全に治す必要はありません。

「治す」のではなく「活かす」のです

 

自分のマイナスの面を「活かす」

これが出来るようになれば、自己肯定感が高まり、その結果自分らしい生き方が出来るようになり、人と比べることも減ってくるので、自信もつき、ありのままの自分を好きになれるようになっていくことでしょう。