プロフィール

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。

 

「自己肯定感の専門家」宮本幸明(こうめい)です。

 

 

あなたはいまこんなお悩みありませんか。

☑アダルトチルドレンの生き辛さ

☑HSP(敏感気質)に悩んでいる

☑親との関係や家族の問題(毒親)

☑恋愛や夫婦関係がうまくいかない

☑対人関係が原因で仕事が長続きしない

☑人が怖い(視線恐怖、雑談恐怖、赤面症など)

☑人の目や評価を過剰に気にしてしまう

☑「心の傷」や「トラウマ」に悩んでいる

☑マイナス思考が強く、物事を悪い方へ考えてしまう

☑ネガティブ感情に支配されている(感情の起伏が激しい)

☑長期間うつ病に苦しんでいる

☑自分の価値や生きている意味を感じられない

☑これまで色々やってきたが限界を感じている

☑病院や薬に頼ったが改善されない

 

一つでも当てはまった方は苦しい思いをしていると思います。

 

ボク自身このような症状に15年以上苦しんできました。

でも今はそれを克服し、カウンセラーとして活動しています。

 

どうしてボクが「自己肯定感の専門家」としてカウンセラーになったのか。

 

そのこたえは全て自分の過去の経験の中にあります。

 

 

幼少の頃から父親の暴力や厳しい躾、母親の過保護や過干渉、きょうだい間でのいじめや暴力など、このような環境で育ちました。

 

傍からみたら普通の家庭

でも実際は家族の機能が崩壊した家庭

 

その後遺症は10代の半ばから現われるようになり、トラウマ症状人間不信、対人恐怖、視線恐怖赤面症、自己否定感劣等感、うつ病依存症など様々な症状に苦しんでいました。

 

そんな自分をダメな自分、弱い自分だと自分を責め続け、生きている価値などない・・・

漠然と30歳までは生きられないだろうと思っていました。

 

自分は何のために生まれてきたのか

死ぬ勇気はないけれど

生きる希望もない

できれば消えてなくなりたい…

 

ずっとそんな風に思っていました。

 

 

周りから見れば普通の人間

 

本当は苦しいのに

 

本当は助けて欲しいのに

 

本当は気づいてもらいたいのに

 

 

いつもニコニコして、自分の苦しみを隠していました。

 

 

自分の引きつった笑顔

 

いまどんな表情をして笑っているのだろう

 

笑っている自分が苦しい

 

 

この苦しみから解放されたい

 

生き辛さを克服したい

 

みんなと普通に話がしたい…

 

 

でも当たり前のことが出来ない自分

 

 

このような症状に15年以上苦しんでいました。

 

 

変わりたい

 

でも変われない

 

がんじがらめの状況の中、

 

 

時には母や妹に対して暴力や暴言を吐いたり、人を傷つけてしまったこともありました。

 

 

しかしこれでは本当にダメになると思い、徹底的に自分を見つめました。

 

 

「どうしてこんなに苦しいのか」

 

「自分が変わるにはどうしたら良いのか」

 

「生きづらさから解放されるには」

 

「人生の意味、生きる目的は・・・」

 

「自分の経験を活かすには何をしたら良いのか・・・」

 

 

時には自分に絶望し、死にたくなることもありました。

 

過去の記憶に苦しみ、押しつぶされそうになることもありました。

 

 

自分が変わりたい

 

向上心の裏にある強い劣等感

 

自分が変わるために、病院の治療や薬物療法、カウンセリング、自己啓発セミナー、ポジティブシンキング、引き寄せ、高額教材、話し方教室など本当に色々なことをやってきました。

 

その度に失敗し、失望し、どうしようもないがんじがらめの状態の中で、絶望感に打ちひしがれたりもしました。

 

なにをやってもうまくいかない

何かをやればやるほど、自信がなくなって行く

 

もうダメだ

死んでしまいたい…

 

どん底に落ちた時、初めて自分が変わることを本気で決意し、徹底的に自分を見つめました。

 

 

これまでにほとんど読んだことのなかった本を数千冊近く読みました。

 

 

自分一人の力では解決できないことを受け入れ、人の助けを借りました。

 

 

十数冊ものノートに自分の思いを吐き出しました。

 

 

そして自分の過去や苦しみをさらけ出しました。

 

 

自分の弱さや醜さを嫌というほど感じさせられてきました。

 

 

苦しくて悔しくて情けなくて、布団の中で何度も涙を流しました。

 

 

頬に伝わる熱い涙

 

 

情けない自分

 

 

弱い自分

 

 

ダメな自分

 

 

両親を憎み、家族を恨み、自分を責める

 

 

その中で自分の過去に向き合い、多くの人との助け、数千冊に及ぶ本との出会い、ある心理カウンセラーとの出会い中で、

 

自分の抱える問題の根本的な原因に気づき、それを受け入れ人の力を借りることで、徐々に心の傷やトラウマは癒され、今ではアダルトチルドレンやHSPの生きづらさからは解放され、自己肯定感が高まり、自分らしい生き方が出来るようになりました。

 

 

 履歴書に書けないことにこそ、大切なものがある

 

ボクは履歴書には書けないことにこそ

・本当の自分らしさ

・強みや個性

・生きる意味

が隠されていると思います。

 

 

履歴書というと自分のプラスの部分を表現しがちですが、それは本当の自分に蓋をしてしまいます。

 

そしてこのような状態で自分を作りながら、自分を演じながら、本当の自分を隠しながら社会で生きていたわけですから、それは苦しくなって当然だったと思います。

 

履歴書を書くという行為が、自分の本当の感情を抑えつけていたのです。

 

ボクは表面的な自分ではなく、自分の内面を徹底的に見つめ直しました。

 

その内容はとてもじゃないけど人には知られたくないものばかりでした。

 

そしてそれを隠し続けて生きてきたのが、悩みや苦しみの原因だったのです。

 

でもそんな自分の弱さや醜さに向き合い、それを受け入れ、解放したことで、今では自分の強みや個性、自分にしか出来ないこと、生きる意味に気づくことが出来ました。

 

簡単ではありますが、これまでの生い立ちをまとめてみました。

 

 

 

  • 両親共に教師である家庭で産まれる
  • 感受性が強く、敏感なHSP特有の気質をもっていた
  • 身体的、精神的暴力や否定的な言葉、支配や過干渉のある環境で15年間過ごす。
  • クラスの雰囲気に馴染めずクラスのない単位制高校に転入。
  • 変わりたい願望が非常に強く、自衛隊に入隊するが組織に馴染めずうつ病になる
  • 仕事でトップ営業となるが、職場の人間関係がうまく築けず、常に周りの目を気にし苦しむ。
  • 職を転々としやがて引きこもり生活を送る。その時に心理学や哲学、自伝や文学など数千冊の本を読み、様々な人間の生き方や、価値観に出会う
  • そして生きづらさの原因が、子供の頃の家庭環境だったことに気づく
  • ある心理カウンセラーに出会い、それまでの苦しみや生きづらさから徐々に解放されていく。
  • 医療介護の現場で看護や介護をする側の人(家族・看護師・介護士・ヘルパーなど)の心のケアや悩み相談を行う。
  • 自分が克服した経験をもとに、アダルトチルドレンやHSP、親子問題を改善する自己肯定感の専門家として活動中
  • これまで1000人以上の方々の悩み相談やカウンセリングをやらせていただいております

 

世間一般的に見たらとても恥ずかしくて隠しておきたいことばかりですが、ボクは自分の経験を通して確信していることがあります。それは

 

『悩みや苦しみ、挫折や失敗はそれを受け入れた時に、その人の強みや個性、生きる意味になる』

 

ということです。

 

このように自己肯定感カウンセラーになったきっかけはすべて自分の過去にあり、それを克服した経験をもとに、かつての自分と同じように苦しんでいる方の手助けになれればと思ったからです。

 

もっと詳しいプロフィールを御覧になられたい方は、引き続きお読みください。


 

ある心理カウンセラーとの出会い

 

変わりたい

 

でも何をやっても変わることができない

 

向上心の裏側にある 強い劣等感

 

自信のない自分

 

 

そんな自分を変えたくて、

 

何かをしてみるが

 

そのすべてが空回り

 

 

そんな状況が何年も続き、絶望感に苛まれ うつ病や依存症、トラウマ症状に苦しみ

 

そんなどん底の時に、あるカウンセラーの本に出会いました

 

加害行為と依存症は克服できる

 

 

そのカウンセラーは家庭内暴力や親のしつけ、アダルトチルドレン、毒親や家庭問題の他に、暴力やDVなど加害行為をしてしまう人のカウンセリングもやっていました。

 

世間一般的に見れば「悪」と言われるような人たちに対しても、同じ目線に立ち、どんな人に対しても温かに関わる姿に惹かれました。

 

そして本を読み終えたときには、このカウンセラーからカウンセリングを受けると決めていました。

 

そしてその思いが叶い、何度かそのカウンセラーからカウンセリングを受けた最後に

 

 

「人は人から受け入れられ肯定されることで、自分で自分を受け入れ肯定できるようになる。自分の中にカウンセラーが育つんだよ」

 

 

と言われました。

 

この言葉は今でもボクがどんなことでも受け入れ肯定する、「絶対肯定」のカウンセラーとしての土台となっています。

 

 

マイナスな過去もプラスに変えられる!

 

 

「人生は誰に出会うかで決まる」といわれます。

 

そして

 

「人によって傷つけられた傷は、人によってしか癒せない」

 

とも言われます。

 

 

ボクはその両方が真実だと思っています。

 

 

そして過去に自分が苦しんでいた時に、助けてくれた人がいたことで救われたました。

 

そして今度はボクがその経験を活かし、かつての自分と同じように苦しんでいる方のお手伝いが出来ればと思っています。 

 

 

暴力はまた別の暴力をうみ

 

自他ともに苦しめる

 

そんな暴力の悲しみの連鎖を食い止めたい

 

 

そして自分の苦しみを克服できた時には

 

今度は別の苦しんでいる人の手助けをする

 

 

このようなプラスの循環を作って行くのが

 

ボクの夢であり使命であると思っています。

 

 

 

 

さらに詳しいプロフィール

興味のある方はご覧ください。(参考アメブロのプロフィール)

長所

人の失敗や過ちに対して寛容 (自分がやってきたことだから)

短所

追い詰められないとなかなか動きださない

ちょっと自慢できること

自分にしかない経験が強みになっている

最近夢中になっていることは?

筋トレ

まず家に帰ってすることはなに?

手洗いうがいをして、そのときの気分でアロマをたく

平均睡眠時間は?

8時間は寝たい

口癖は?

マジで!?

座右の銘は?

「すべては最善のために起こる」

好きな食べ物は?

ラーメン

好きなスポーツは?

フットサル キャッチボール ヨガ

影響を受けた本の著者

河合隼雄  「ユング心理学入門」「カウンセリングの実際」ほか 
諸富祥彦  「カウンセリングとは何か」ほか 心理カウンセラーになろうと決めて、初めて出会った本
岡本茂樹  「いい子に育てると犯罪者になります」 犯罪心理学をわかりやすく解説した本
V.Eフランクル 「夜と霧」「それでも人生にイエスという」意味による癒しという言葉が腑に落ちた
ゲッターズ飯田 「運命の変え方」自分の強みや個性をさらに気づかせてくれた本 
中村天風  「運命を拓く」心の持ち方、考え方の重要性を学んだ

人生に影響を与えた出会いは?

・明治大学教授: 諸富祥彦 講座にも参加したが、思慮深さとユーモアのある魅力的な人
・地元で有名な占い師: 「あなたは人と違うことをやる」「人を癒す仕事、占い師や心理カウンセラー」とかが向いていると言われ、この時すでにアダルトチルドレンの専門カウンセラーとして活動を始めていたが、まだ迷いがあり、この言葉に背中を押された
・スピリチュアルカウンセラー: 初めて会った時に「何か人のやらないようなことをやっているよね」と言われ「その方向で大丈夫」と言われた。自分のやっていることにさらに自信を持てるようになった

好きな休日の過ごし方は?

10時ころまでだらだら寝て、遅めの朝食。公園で10ページほど本を読んで、ベンチで昼寝。その後ちょいと運動をして、風呂に入った後に、夜は家で飲む

好きな色は?

青 緑

好きな言葉は?

「すべては最善のために起こる」

好きなタイプは?

明るく優しく前向きな人間

苦手なタイプは?

明るすぎる人間(笑)

一つだけ願いが叶うとしたら?

親に家を建ててあげたい(母親の夢であり、恩返しをしたい)

何をしている時が幸せ?

  昼寝

自分を動物に例えると?

サル(動物占い)

自分へのご褒美は?

缶ビール(500CC)

幸せを感じる瞬間

露天風呂に入って「ハァ~」ってしたとき

最近一番感動したことは?

アスペルガーのピアニストのドキュメントを見たとき

子供の頃なりたかった職業は?

サッカー選手とバスの運転手

生まれ変わったら?

ピアニストかバイオリニストになりたい(音楽で自分の感情を表現できるのが羨ましい)

今までで一番高い買い物は?

自己啓発のための勉強や教材(ほとんどやらなかった)

今からでも挑戦したいことは?

心理カウンセラーを育てる学校を作る(悩み苦しんだ人間ほど、それを乗り越えた時に、いい心理カウンセラーになれると思っている)

今一番欲しいものは?

自由な時間

今、旅行でいきたいところは?

インド 東南アジア

あなたにとっての必需品はなに?

スマホとパソコン

1ヶ月毎日食べるとしたら何?

豆腐(毎日食べてる)

将来の夢・目標

   心理カウンセラーか人の可能性と成長に携われる活動を続ける

 

 ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

静岡の心理カウンセリングルーム 「悩みごとカフェ」について

 

悩みごとカフェは、

 

・アダルトチルドレンやHSPの生き辛さを抱えている方、

・親子関係、家庭の問題、毒親との関係に悩んでいる方

・共依存症や・恋愛依存症や見捨てられ不安を抱え、恋愛や結婚生活がうまく行かない方

・対人恐怖症やうつ病、自傷行為や加害行為を止められない方

 

を専門にやっている、全国的にも数少ない心理カウンセリングルームです。

 

カウンセリングルームは静岡県静岡市にありますが、対面の心理カウンセリングは静岡県内ですと沼津市や富士市、浜松市から、

県外からも東京都内、横浜市、川崎市、名古屋市、豊橋市、

 

電話やスカイプ、LINE通話を使った心理カウンセリングでは、

 

北は北海道札幌市から、宮城県仙台市、京都府、大阪府、広島市、福岡市など日本全国からご利用を頂いております。

 

遠方の方で、対面カウンセリングを希望される方には、出張カウンセリングを行っていますし、カウンセリングルーム以外にも、公共施設やカフェ、ホテルのラウンジやご自宅など、お客様が一番安心してお話しいただける場所を選んでいただいております。

なおLINE通話カウンセリングやSkypeカウンセリングは顔を見て話した方が安心な方にはビデオ通話を、顔を見られたくない方には音声通話を、プライバシー保護の為に、特殊な相談のある方には、匿名でのカウンセリングにも対応しております。

 

人にはなかなか話しづらいようなどんな内容のことでも、親身になってお話を聴かせていただきますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

悩みごとカフェ 宮本 幸明

 

 

どんな小さなことでも大丈夫

あなたにとっては大切なことだから

 

カフェに行くような感覚で、

お気軽にご相談ください