毒親

アダルトチルドレンを生み出す原因

子供の頃のトラウマを抱えたまま

 

大人になってしまった

 

アダルトチルドレンの人たち。

 

自己肯定感の低さに悩む

 

アダルトチルドレンの人たちは

 

どのような原因から

 

生み出されてしまったのでしょうか?

 

 

アダルトチルドレンを生み出す原因は

 

大きく二つの事柄にある

 

と言えます。

 

機能不全家族

 

機能不全家族という言葉を

 

聞いたことがありますか?

 

家庭内に

 

常に何かしらの問題があった家族、

 

物理的または精神的な虐待や、

 

性的虐待がある家庭。

 

それらの事柄が無くても、

 

家族団らんが無い家庭、

 

地域との交流が無い家庭も

 

機能不全家族に分類されます。

 

 

幼い頃に機能不全家族の中で育った子供は

 

その環境や考え方、行動が

 

当たり前だと考えてしまうので、

 

大人になっても

 

社会に出て、人間関係など

 

健全な関係を築くことが出来ない

 

という問題を抱えることになります。

 

これが、アダルトチルドレンの人たちの

 

生きづらさの一つです。

 

 

では、

 

アダルトチルドレンを生み出す

 

機能不全家族とは

 

どのような特徴があるのでしょう?

 

機能不全家族の特徴

 

①家庭に無関心な親、過干渉な親

 

親と子供の距離感が健全ではない、

 

と言うのが、

 

まず一つ目の特徴です。

 

 

子供に無関心な親は、

 

親が自身の子供に関して

 

一切の関心や興味を持てないケースです。

 

過干渉な親は、

 

親自身が叶えられなかった夢を

 

子供に必要以上に押し付けていたりします。

 

また、似たようなパターンとして

 

子供が出来たことには着目せず、

 

出来ないことにばかり執着し、

 

子供を褒めたりすることをしない

 

そんな親もこのパターンに分類されます。

 

②条件付きの愛情

子供に対して、

 

「自分の期待に沿っている」

 

「自分好みに成長している」

 

という条件の元でしか

 

子供に愛情が与えられない。

 

さらに、

 

親自身がそのことに気付いていない

 

というパターンです。

 

③親の役割を放棄している

 

両親が不仲である、

 

浮気、不倫をしている、

 

家に居る時間が極端に少ない、

 

など、

 

父親か母親が

 

その役割を果たしていない、

 

子供にその役割を押し付けている、

 

というのがこのパターンです。

 

④親の機嫌の良し悪しの幅が大きい

機嫌の良い時と悪い時の

 

感情のふり幅が大きく、

 

子供は家庭内で

 

常に緊張した状態で

 

過ごさなければならない。

 

親の機嫌を損ねないように、と

 

親の機嫌を伺っている。

 

そんな家庭も機能不全家族です。

 

⑤物理的・精神的な暴力や虐待

 

子供に対して、殴る・蹴るの

 

物理的な暴力だけでなく、

 

子供に対して殴る振りをする、

 

目の前で物を壊す、投げつける

 

と言うようなことも

 

暴力や虐待に入ります。

 

また、

 

子供に対して

 

「産むんじゃなかった」

 

といような言葉を投げかけるのも

 

精神的な虐待です。

 

⑥常に緊張感の漂う家庭

親の顔色や機嫌を

 

子供が常に気にして

 

生活しなければならない。

 

そんな家庭も機能不全家族です。

 

親の怒りが自分に降りかからないように、

 

ということだけを

 

子供は考えて

 

生活することになってしまいます。

 

 

機能不全家族で育った子供が、

 

必ずしもアダルトチルドレンになる

 

とは言えません。

 

しかし、

 

抱えている問題が

 

表面化していないだけ

 

ということも考えられます。

 

毒親

機能不全家族を作り出す親。

 

子供にとって悪影響を及ぼす親のことを

 

毒親と言います。

 

毒親とは?

 

『毒親』という言葉は、

 

アメリカの心理療法士

 

スーザン・フォアードの著書

『毒になる親』

 

から広がった言葉です。

 

意味としては、

 

『子供の人生を支配し、

 

悪影響を与える親』

 

という意味があります。

 

子供に対して、

 

虐待をおこなったり

 

ネグレクトをしていたり

 

というだけでなく、

 

援助が必要なほどに

 

精神的な病や依存症を持つ親も

 

毒親に分類されます。

 

さらに最近では、

 

自己愛が強すぎる親

 

という親も毒親に分類される

 

と言われています。

 

毒親の特徴とは?

子供へと悪影響を与える毒親。

 

具体的には

 

どのような特徴があるのでしょう?

 

①過干渉

 

子供に対して

 

過剰に詮索したり、

 

子供と自身との間に

 

境界線を作ることが出来ずに、

 

自分の気持ちが

 

子供の気持ちである

 

と考えてしまう親のことです。

 

子ども自身が意思や意見を持つことを

 

拒否して、意見を認めません。

 

とにかく子供を

 

自分の意志の通りに動かそうとするのが

 

このパターンの特徴です。

 

②条件付きの愛情

親自身の望む条件や容姿でなければ

 

子供に対して愛情を注がない

 

というのが、このパターン。

 

条件を満たすことが出来ない場合、

 

その子を拒絶してしまったりします。

 

また、

 

自身の夢や願望を

 

子供に押し付けるのも

 

このパターンの毒親の特徴です。

 

③責任転嫁をする

 

家族の中の問題を

 

親自身では無く、

 

子供に解決させようとするのが

 

このパターンです。

 

また、

 

家族の誰かが起こした問題を

 

子供に押し付けて責めるという

 

特徴もあります。

 

④精神的に不安定

親の情緒が安定しないために

 

子供も不安定になってしまう

 

というのがこのパターン。

 

親自身が、

 

自分の感情のコントロールが出来ずに

 

子供に対して八つ当たりする場合もあります。

 

また、落ち込んだ際に

 

子供に慰めてもらおうとする

 

ということもあります。

 

⑤子供の成長を妨げようとする

 

子供が親離れをすることを恐れ、

 

手元に置いておこうとするのが

 

このタイプ。

 

子供の成長を喜べず、

 

成長しようとする子供の邪魔をします。

 

子供の自立の妨げになるのが

 

このパターンの毒親です。

 

機能不全家族・毒親の元で育ったら…

機能不全家族と毒親には

 

似たような特徴があると

 

分かっていただけたと思います。

 

 

機能不全家族や毒親の元で育つと、

 

自己肯定感が正しく育ちません。

 

そのため、大人になって

 

生きづらさを抱いてしまうのです。

 

学校や社会に出て、

 

強い人に対して委縮してしまったり、

 

パートナーに対して

 

モラハラをしてしまったり、

 

というようなことも考えられます。

 

 

また、機能不全家族で育ったために

 

それが基準となってしまい、

 

自身が家庭を持った際に

 

機能不全家族を作ってしまう

 

という可能性も抱いているのです。

 

 

アダルトチルドレンの症状を作り出す

 

子供の頃の家庭環境や親。

 

その問題は、

 

親から子へ、孫へ、と

 

次々に連鎖してしまうかもしれない

 

という恐ろしさがあります。

 

その連鎖を止めるためにも

 

アダルトチルドレンであると

 

気づいたあなたが、

 

あなた自身を癒してあげて

 

自己肯定感を高める

 

ということが大切になってくるんです!

毒親の特徴とタイプ別チェック診断

あなたの親はどのタイプですか?

まずはA~Fのチェックリストをやってみてください。

 

あなたはこんな悩みを抱えていませんか

 

A:高圧・威圧タイプ

□自分の意見を押しつけてくる

□「親の言うことを聞け」が口癖だった

□自分の思い通りにならないと、機嫌が悪くなる

□子供に恐怖心を与えて、コントロールしようとする

□暴力や暴言があった

 

B:過保護・過干渉タイプ

□子供のためになんでもやってしまう

□なんでも先回りしてやってしまう

□「あなたのタメ」が口癖だった

□一見すると面倒見のいい素晴らしい親と見られがち

□子供を親の思い通りにしようとする

 

C:罪悪感植えつけタイプ

□子供にパートナーのグチや職場の人の悪口を言う

□自分が不幸であるアピールが強い

□人の悪口を言って、自分の味方につけようとする

□子供の頃から親の相談にのっていた

□親が子供っぽい(親の親代わりをしていた)

 

D:学歴至上主義タイプ

□人間の価値は学歴で決まると思っている

□テストや成績の良いときだけ褒められた

□優等生タイプの親(高学歴の親)

□親が学歴コンプレックスをもっている

□人の評価や世間体を過剰に気にする親

 

E:無関心・育児放棄タイプ(ネグレクト)

□仕事やアルコール、ギャンブル、恋愛などに依存している親

□親の拒絶や無関心、育児放棄があった

□子供の心に寄り添おうとしない親

□親に相談できる雰囲気ではなかった

□子供とどう接したらいいのかわからない親

 

F:脅迫・脅しタイプ

□感情的に子供を支配しようとする親

□自分に都合の悪いことは子供のせいにする

□子供を自分の都合の良いモノ扱いする親

□親が子供に対してお金やモノをせびる

□自分の思い通りにするためにはどんな手段でも使う

 

毒親には大きくわけると6つのタイプがありますが、あなたの親はそれぞれどのタイプに当てはまりましたか?

 

このような親のもとで育ち、大人になっても生きづらさを抱えている人のことを『アダルトチルドレン』と言います。

アダルトチルドレンは暴力や暴言、アルコール依存症など明らかに問題のある家庭(機能不全家族)で育った人に多いと思われがちです。

 

でも最近では傍から見ると、普通の家庭、幸せそうな家庭、立派な家庭、周りから羨ましがられるような家庭で育った人の中にも、アダルトチルドレンは多くいます。

 

なのでそういう家庭で育った人は、自分でも

 

●親から大切に育てられた

●愛されていた

●普通の家庭で育った

●問題のない家庭で育った

 

と思っているので、自分が生き辛かったり、人間関係がうまくいかないのも、「自分がダメな人間」「弱い人間」だからと自分を責めてしまい、『自己肯定感』がとても低いのです。

 

そして自己肯定感が低いと、

 

●自信がない

●自分がない

●自分嫌い

 

なため、人の目や評価を気にしてしまい、『他人の軸』で生きています。

 

『他人軸』で生きていると、いつも物事の判断基準は自分以外にあるので、他人に振り回された苦しい生き方になってしまいます。

 

その反対に『自分軸』で生きている人もいます。

『自分軸』で生きている人は、自分の思いや感覚を大切にしているので、他人に振り回されることはほとんどありません。

 

そして『自分軸』で生きられるようになるためには、ありのままの自分を受け入れ、肯定してあげられる『自己肯定感』を高めることが大切です。

 

自己肯定感の高める方法については↓の記事に書いてあるので読んで見てくださいね(^^♪

 

自己肯定感を高める方法(クリック)

 

毒親育ちの特徴とチェック診断|生きづらさを抱えている方へ

あなたの親は毒親?毒親の特徴とチェック診断

 

☑親から褒められたことがなく、いつも否定されていた

☑着る服、交友関係など過剰なまでに干渉する親(過干渉)

☑親が心配性で苦しいほど過保護だった

☑親から言葉の暴力や否定的なことをよく言われた

☑親から殴る、蹴る、叩かれるなどの身体的な暴力を受けていた

☑怒りのコントロールの出来ない親

☑神経質でヒステリック、ちょっとしたことでヒステルリーを起こす親

☑親が子供のことを「自分のモノ」だと思っている

☑世間体や周りの目を過剰に気にする親

☑親の躾が厳しく、それに絶対に従わなければならなかった

☑親の期待が強く、それがプレッシャーだった

☑完璧主義な親で失敗が許されなかった

☑テストでいい点を取った時だけ褒められた(条件付きの愛)

☑親がうつや情緒不安定で何かに依存していた

☑親の機嫌を伺い、親の目を気にして緊張していた

 

あなたはいくつ当てはまりましたか?

 

 

このような環境は子供の心を深く傷つけます。

子供にとって親は絶対です。

親がいなければ生きていけません。

 

だから子供は無意識の内に、親から嫌われない(見捨てられないように)ように、親にとって都合の良い態度を身につけるようになります。

 

これは子供の頃親から自分の身を守るためには必要でした。

 

でも、大人になって社会に出てもあなたは親にとっていた態度と同じやり方を他人にもしているのです。

それが様々な問題を引き起こしているのです。

 

毒親育ちが大人になった時に苦しむ症状

①対人恐怖・対人不安・雑談恐怖

②あがり症・赤面症・視線恐怖

③対人関係がうまくいかない

④人の目(評価)が気になる

⑤完璧主義・白黒思考

⑥長期的なうつ病

⑦愛着障害・見捨てられ不安

⑧恋愛依存症・共依存症・セックス(性)依存症

⑨不安神経症・強迫性障害

⑩HSP・神経過敏・神経質

⑪不登校・引きこもり

⑫コミュニケーション障害(コミュ症)

⑬自傷行為(リストカット、自己否定など)

⑭加害行為(DV、モラハラ、暴力、ストーカーなど)

⑮境界性パーソナリティー(人格)障害

 

 

毒親育ちの方は大人になってこのような症状に苦しむのです。

その根っ子には

 

●自分はダメな人間

●人は信用できない

●○○しなければならない

●○○べきである

●○○してはいけない

●全部○○、みんな○○

●完璧主義、白黒思考、0か100

 

とい偏った考え方や価値観、思い込みがあり、

 

●強い自己否定感

●劣等感

●自責の念

●罪悪感

●不安、恐怖

●怒りや憎しみ

●孤独や虚無感

 

など、ネガティブな感情があります。

 

そしてこのような歪んだ思考や価値観と、抑え込まれたネガティブで否定的な感情が、様々な問題のある「行動」や「症状」を引き起こしているのです。

 

このような環境が歪んだ思考とネガティブ感情を作り、破滅的行動を引き起こします

 

毒親育ちのトラウマの克服法

毒親育ちの方の特徴として根底には「強い自己否定感」があります。

 

●自分はダメな人間

●生きる価値などない

●幸せになることは出来ない

●愛される資格はない

●人よりも劣っている

 

このような「自己否定感」がカタチを変えて様々な症状を引き起こしています。

 

このような状態から抜け出すには「自分を受け入れ、肯定できるようになる」ことが大切です。

 

ネガティブ感情を解放し歪んだ思考を修正する7Stepsの心理カウンセリング

 

自己否定感が強いと、自信がないので常に相手の目を気にしています。

 

周りの目を気にして、過剰に振舞うか、消極的になるかのどちらかです。

 

どちらにしても自然体ではないので、本人にとっては苦しいのです。

 

『自己肯定感』を高めるには、人の目や人の評価などの「他人軸」から、自分の気持ちや思いなど、自分を主体にした「自分軸」の生き方が大切になってきます。

 

本当の意味で「自分軸」で生きなければ、人を大切にはできません。

「他人軸」で生きているということは、自分を大切にしていないからです。

 

「自己肯定感」を高めるには、まずは過去に受けた「心の傷」「トラウマ」に気づき、その時に抑え込まれたネガティブで否定的な感情を出してあげることです。

 

そして無意識の内に身につけた歪んだ考え方や価値観、思い込みに気づき修正してきます。

 

 

このことで「心の傷」や「トラウマ」は解消されていきます。

 

あなたにも過去に嬉しかったこと、楽しかったこと、熱中したこと、成功体験、褒められたこと、○○が好きだったなどのプラスの感情や体験があるはずです。

 

自分のマイナスの部分だけではなくプラスの面にも気づいてあげることで、これが自分らしさや、あなただからこそ出来ること、自分の強みや長所、個性にも気づけるようになります。

 

そのことで徐々にありのままの自分を受け入れられるようになり、自分自身を肯定できるようになって行くことで「自己肯定感」は高まっていきます。

 

自己肯定感が高いと、過度に人の目を気にしたり、人に合わせたり、自分を責めることがなくなります。

そして自分らしく生きられるようになっていくので、上記で上げたような症状からは克服、解消されていくのです。

 

 

 

7step無料講座